魔王の宮殿

宮古島東側にある下地島にあるポイント。宮古島のダイビングポイントを代表する地形ポイントのひとつ。
いかにもマニアが好きそうな名前がついているダイビングポイント「魔王の宮殿」。名前に惹かれるダイバーも多いのではないでしょうか?名前の由来は、地形がマントを覆った魔王の姿み見えることからつけられたとか。地形は、エントランス、魔王の玉座などのいくつかのホールでの構成されています。洞窟の入り口は、人が一人入れるくらい狭いですが、 中に入ってすぐに大きなホールがあります。

入り口はかなり狭いので順番に一人一人洞窟に入っていきます。

奥に進むと玉座の間と呼ばれるメインの空間があり、さらに奥には魔王の寝室があります。玉座の間が 、地形がマントを着た魔王に見えることから魔王の宮殿というポイント名になったとか。
天気が良い日は、玉座の間の上から光が差し込んでくるので幻想的な光景を見ることができます。

魔王の宮殿エントランス。

マントを着た魔王に見えるポイント。

穴の中は、先に進めば進むほど水深が深くなり体沈みやすくなるので、エアーに注意しましょう。上級者向けのポイントですが、宮古島に来たら一度は潜っておきたいダイビングポイントです。

魔王の宮殿の基本情報

関連記事

  1. 「幻の島」八重干瀬のサンゴ礁

    一度は行きたい!宮古島の煌く海とサンゴ礁が魅力的な八重干瀬

  2. ロウニンドロップオフ

  3. 青の洞窟(ツインホール)

  4. アントニオガウディ

  5. ムイガー

  6. パナタ