ロウニンドロップオフ

下地島にある名前の通り水深40mまで落ちるダイナミックなドロップオフが特徴のポイント。
エントリー口からドロップオフの近くなので水深に注意しながらホバーリングを取るようにしましょう。

エントリー口がドロップオフ近くになっているので注意が必要。

ドロップオフの壁沿いを泳いでいくと大きなクレパスのような亀裂があり、そこに常時ロウニンアジが住み着いています。つまり、ほぼ100%に近い確立でロウニンアジを見ることができます。

かなりロウニンアジに接近できる

クレパスのような深い亀裂が入った地形

さらにドロップオフ下の深場には、時にロウニンアジがトルネードを起こしていたり、ピグミーシーホースやアケボノハゼなどレアな小物がいることも多く、上級者ダイバーからは人気のあるスポットです。

時期によりピグミーシーホースなどレアものも狙える

水深の深いところではさらにロウニンアジが群れていることがある。

ただし、潮の流れがややあり、深度深いポイントであるのである中世浮力を完璧にコントロールできるなど程度のダイビングスキル、経験が必要なポイントです。

関連記事

  1. 中ノ島チャネル

  2. 青の洞窟(ツインホール)

  3. 「幻の島」八重干瀬のサンゴ礁

    一度は行きたい!宮古島の煌く海とサンゴ礁が魅力的な八重干瀬

  4. オアシティ

  5. 魔王の宮殿

  6. Wアーチ